猫にタンパク質が必要な理由

猫は今のようにペットとして飼われるようになる前は、野生で暮らしていました。飼い主はいませんから時間どおりキャットフードが出てくることはありません。食べる物は自分で捕獲しないといけませんでした。猫というとネズミを獲って食べるイメージですが、昆虫や魚なども獲って食べていました。雑食のイメージもありますが、草食動物に比べると腸が短いので、体の構造も肉食仕様となっています。

草食動物に比べると腸がやや短いので、肉や魚の消化は効率良く行われますが、野菜や穀物は体が対応できないため、穀物や野菜を多く食べると体に負担をかけてしまいます。猫はとても身軽で、少しくらい高いところから落ちても柔軟に対応できます。高い塀の上に一瞬で飛び乗ることもありますが、これも強靭な筋肉を持っているからです。タンパク質は筋肉の健康を維持するためにも欠かせませんから、猫にとっては必須となる栄養です。

主食となるキャットフードには、肉や魚が豊富に使用されている物が理想ですが、これを可能にするにはコストがかかります。高品質のキャットフードもありますが、少し値段が高めです。安価なキャットフードはコストを抑えるために、穀物や野菜を多く使用しているので、猫には不向きとなってしまいます。